新潟県の加藤淳一級建築士事務所

新潟の建築事務所:WORKS

荻曽根の家/新築

新潟市江南区

コンセプト

 
 

■ダウンフロアリビングの住まい

 
ダウンフロアリビングが特徴的な住まいです。
三方が住宅に囲まれた密集地で、道路より敷地が約40㎝高くなっていました。
その敷地の高低差を利用し、リビングの床の高さを低くしています。
通常は、敷地が高い場合、玄関前のポーチ階段により、数段上がって家に入ります。
荻曽根の家では、家の中で徐々に上がるようにしました。
そして、2階の床も少し上げています。
2階の少し床をあげることにより、1階と2階のつながりが生まれ、下記の点のメリットがでています。
 
・視線の抜け、広がり感
・家族間のコミュニケーション
・風の抜け
・採光をとりやすくなる
 
リビングは、南側からの採光を高窓から主に採り入れています。
隣家からのプライバシーも保ちやすいです。
さらに、視線の抜けや広がり感を演出し、1階と2階で家族のコミュニケーションも取りやすくなっています。
 
さらに詳しくは、特集の取材記事をどうぞ。
家づくりの過程や、暮らし初めての様子などをDaily Livs Niigataさんに、分かりやすく記事にしていただきました。
 
 
Daily Lives Niigata 記事
ウォールナットの素材感が美しい、くつろぎのダウンフロアリビング

 
 
コンセプト1

コンセプト1


 
コンセプト2

コンセプト2


 

■荻曽根の家

荻曽根の家DATA
延床面積 113.35㎡(34.22坪)
敷地面積 140.12㎡(42.30坪)
竣工年月 20196
施工 株式会社Ag-工務店
 

新潟の建築事務所:スキップフロア

外観

外観

エントランス

エントランス

ダウンフロアリビング

ダウンフロアリビング

ダウンフロアリビング

ダウンフロアリビング

ダウンフロアリビング

ダウンフロアリビング

ダウンフロアリビング

ダウンフロアリビング

畳スペースからダウンフロアリビングをみる

畳スペースからダウンフロアリビングをみる

玄関からダウンフロアリビングをみる

玄関からダウンフロアリビングをみる

ダウンフロアリビングから畳スペースをみる

ダウンフロアリビングから畳スペースをみる

玄関から畳スペースをみる

玄関から畳スペースをみる

寝室

寝室

寝室と小吹抜の上の小上り

寝室と小吹抜の上の小上り

小上りの小窓と1Fがつながっている

小上りの小窓と1Fがつながっている

寝室の小上り

寝室の小上り

小吹抜の上の納戸

小吹抜の上の納戸

玄関とSCL

玄関とSCL

キッチンの腰壁

キッチンの腰壁

広々としたサニタリー

広々としたサニタリー

キッチン

キッチン

キッチンの腰壁

キッチンの腰壁

ダイニングとつながるウッドデッキ

ダイニングとつながるウッドデッキ